商圏分析ソフトで成功する事業戦略をたてる

地域マーケティングに商圏分析ソフトを利用する。商圏分析(エリアマーケティング)とは、商圏エリアに生活する消費者の意識や習慣を把握して、その特性に合った品揃えや販促活動を展開していくことです。

今や商圏分析は、規模の大小を問わず、あらゆる分野の事業で取り入れられています。

事業の立ち上げ・拡大はもちろんのこと、既存事業の見直しにも商圏分析が使われており、これによって戦略的なマーケティングが当たり前のように行われています。

現在、中小企業においても地域マーケティングが一般的になっているのは、便利で使いやすい商圏分析ソフトが、誰でも簡単に利用可能になっているからです。インストールしないタイプ(ASP型)であれば、初期費用がかからず、月額5,250円から始められるソフトもあります。

商圏分析ソフトでできることの一例

  • 商圏エリアに住む人の年代や性別、職業、家族構成などを色分け地図に表示する
  • 出店や開業の候補地、チラシをポスティングする最適な地域を探す
  • 支出金額や購買の頻度、平均単価など、消費者の消費動向を知る

商圏分析を簡単にするためのソフトは数多くリリースされていますが、必要なデータと機能が揃っており、コストパフォーマンスに優れたものは限られています。

その中でも、特におすすめのソフトをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

商圏分析ソフトの活用事例

商圏分析ソフトの利用価値があるのは、どんな方でしょうか。その例を紹介します。

地域密着型店舗

  • 整骨院・接骨院・整体
  • 歯科診療所
  • 学習塾・個人指導塾・音楽塾
  • 美容室・ヘアサロン
  • クリーニング店

これらは、地域密着型事業の代表ともいえます。頻繁に通うところですから、地域のお客様の支持を得る必要があります。

では、開業する土地をどのように選んだらいいのでしょう。土地勘のないところでは、どの立地が向いているかわかりません。

このような場合、商圏分析ソフトを使って世代別人口分布を検討します。たとえば整骨院であれば、高齢者や学生がより多い土地で開業するのが得策といえます。

小売業界

  • スーパーマーケット(コンビニ)
  • 衣料品店・食料品店・生花店
  • ドラッグストア
  • ペットショップ
  • 仏壇店
  • 書店

小売の場合、商品の品揃えや棚割りを検討するために、商圏エリアの消費動向を分析する必要があります。

商圏分析ソフトを使えば、地域の品目別支出額を知ることができます。たとえばスーパーであれば、生鮮3種の販売割合を調整するといったことが可能です。

飲食業界・不動産業界

  • カフェ・らーめん屋
  • ファミリーレストラン
  • 宅配ピザ
  • 不動産屋

飲食店も不動産も、ターゲットとなる性別や年齢層がおおよそ決まっていると思います。

ターゲットが多く住む場所に立地することで、利用してもらえる機会が増える可能性が高いため、出店場所の選定は大変重要です。

商圏分析ソフトを使えば、子供の年齢層別人口分布世代別人口分布を調べることができます。

たとえばファミリーレストランであれば、比較的若い家族で子供がいるエリアを商圏とすることで、ファミリー層を取り込む可能性が高くなります。また、世帯所得データを調べれば、メニュー価格の参考になるかもしれません。

そのほかの業種

ここで紹介したほかにも、商圏分析が役立つ業種は数多くあります。

適切で、より確実なマーケティングを成立させるために、商圏分析ソフトは欠かすことのできない存在といえるでしょう。

その他業種・業態の活用事例はこちら